インフォメーション

2019-02-03 22:36:00
2月2日(土)から3日(日)の2日間、諫早青少年自然の家で『チームビルディングキャンプ』を行いました🏕 厳しい自然環境の中で『自ら考え行動する💨』をテーマに、子供たちそれぞれが自らの役割を理解し、責任を持って完結する。 また、他のメンバーの状況を常に把握しながら『何か出来る事はないか』、『先に準備しておく事はないか』を見つけ出し、助け合いながらチーム全員で大きな課題をクリアして行く事を目的に集団活動を実施🍊 まずは、オリエンテーションで目的を皆んなで共有し、自分たちの寝床であるテント⛺️と寝袋を調達するため、キャンプ村まで登山🏔 登山の途中、数名が遭難する場面も、、、😵 大声で叫び合いながらお互いの所在位置を確認👂 何とか合流するも、次は岩壁をロープ一本を使って乗り越える試練が待ってました😅 今度は、大きな声援を送りながら足が震える仲間を勇気づけ、全員がクリア👏 1日目、午前中の課題を乗り越えちょっと一息💨 昼食にお母さんの愛情弁当🍱を頂き、つかの間休憩💤 午後からは、初めてのテント設営💦 自然の家のスタッフさんから設営方法を習い、自分たちだけで建てる事ができました😊 休む暇なく、次は夕飯作り🐷 野外炊飯場で、冷たい真水を使いながら調理を行いました🔪 別の班は、豚汁やご飯を炊くための火起こし🔥 薪を割り、新聞紙🗞とマッチを使って火を点けました😊 さて、出来上がりは?????? 飯盒で炊いたご飯🍚は、水が少なく硬くなったご飯や火加減の調整をせずに焦げたご飯になっていました😭 また、豚汁は火が通ってない野菜が入っていたり、よく味噌を溶かしていない薄い豚汁が出来てました😅 何はともあれ自分たちで作った夕飯なので、全て完食しましたよー🙏 お腹いっぱいになり、ちょっと休憩したいところですが、直ぐにお皿洗いが待っていました泣 1日目の最後はキャンプファイヤー🔥 『お父さんお母さんへの感謝の言葉』と『将来の夢』を皆んなの前で発表しました😊 初めは恥ずかしそうにしてた子供たちでしたが、大きな火🔥を目の前に、心が開放されたのか『将来、色んな国を旅してみたい❗️』や『ボランティア活動をする❗️』『理学療法士になって、困ってる人を助けたい❗️』など、照れることなくしっかりと前を向いて話す子供も出てきました👍 周りの皆んなも笑う事なく、真剣に『頑張れよ、応援するぞー‼️』という声援が出ていました📣 皆んなな発表が終わったところで、コーチたちからささやかなプレゼント🎁のマシュマロを焼いて食べました😊 火を落とすと、やはり標高約500mの山中は極寒❄️ カラダを寄せ合いながら寝袋で就寝💤 いくつかのテント⛺️は、夜中までランプが点灯していましたが、これも一つの思い出ですよね🍊 長くなってしまったので、2日目の様子は次の報告にアップしますね👋